NEWS

ぬいぐるみの洗い方をマスターしよう!

プロが伝授!ぬいぐるみの洗い方の基本

ぬいぐるみは生地を痛めないように洗います。セーターなどの衣類と同じように、強い力を加えずに優しく手洗いするのが基本。形の違うものを洗濯機にまとめて回すと、縫い目が裂けたりすることがあるので注意しましょう。

1. 部分汚れのチェック
抱いて使っているぬいぐるみは、肌が触れる部分が皮脂で特に汚れています。先に固形石鹸をつけてもみ洗いをしておきましょう。もみ洗いでも落ちないときや、小さなものは、歯ブラシなどで優しくこすってみます。

2. ネットに入れる
ぬいぐるみがぴったり入るサイズのネットに入れましょう。

3. 風呂桶に洗剤を入れてかき回す
40度程度のお湯を風呂桶に入れて洗剤を入れて溶かします。皮脂汚れには粉洗剤を、ホコリだけなら中性洗剤でもOKです。
洗剤による手荒れを防ぐために、ゴム手袋を着用してください。

4. 押し洗いをしてつけ置き
ぬいぐるみを優しく押し洗いをしたあとに、20分程つけ置きをします。

5. すすぎと脱水
風呂桶の水を捨てて、ネットに入れたまま洗濯機に入れましょう。洗濯機を「一番弱い」設定にして1分脱水してから、中綿に洗剤が残らないように押し洗い。最低でも2回すすぎましょう。最後にまた「一番弱い」設定にして1分間脱水で洗濯は完了です。

ぬいぐるみを洗濯したら、どうやって乾かせばいい?
軽い脱水をしたあとのぬいぐるみは、水分を多く含んで重さがあるため、干すときにひと工夫が必要です。また、きちんと乾かさないとカビが発生する可能性もあります。お天気の良い日に洗濯をして、時間をかけて乾燥させましょう。

1. 形を整える
全体的に形を整えていきます。歪みがあればもとの形に戻してあげましょう。

2. ブラッシングする
毛が絡んで固まってしまったり、手触りを損なわないように、ブラッシングで毛並みを整えます。

3. 風通しの良いところで陰干しする
洗濯バサミははさんだ跡がついてしまい、吊るすと中綿がかたよる可能性があります。平干しをするのがおすすめです。

まとめ
要領さえ覚えてしまえば、家庭でもぬいぐるみを洗濯することができます。子どもが汚してもすぐに洗うことができるのは嬉しいですね。特に大切にしているものは目立つ汚れがなくても、定期的に洗濯をするのがおすすめ。常にキレイな状態を保っていれば、ダニ防止にもつながりますよ。